産み分けする前にちゃんとしたいこと

妊娠を隠さないで

妊婦にとってのもっとも優先しなければならない事項は、自分と赤ちゃんの安全です。そのために、絶対に職場で妊娠を隠さないようにしましょう。直接の上司や一緒に仕事をしている同僚には、できるだけ早い時期に妊娠しているということを知ってもらいましょう。

人に気を使わせるのが‥とか、恥ずかしい‥とか、色々な理由でなかなか言い出せない人もいるでしょう。しかし、あなたが妊娠していることを誰も知らなければ、誰もあなたに協力のしようがありませんし、仕事場であなたが抜けたあとのことも考えられません。もしかしたら、担当業務を替えてもらう必要が内容しだいではあります。

妊娠していることは、いつかは分かることですし、どんなにあなたががんばっても産前産後は仕事を離れなければなりません。出産後も同じ仕事を続けるつもりであれば、早い時期に妊娠しているということを伝えることが、本当に仕事に責任を持つことになります。

病気の知識も必要です

すい臓から分泌されるインシュリンというホルモンが不足し、血液中のブドウ糖の濃度が上がり、エネルギーとして利用されず尿中に排出されてしまう病気が糖尿病です。 糖尿病は、遺伝に肥満や精神的ストレスなどが重なり発病します。しかし、妊娠前から糖尿病だった人はともかく、妊娠がきっかけで糖尿病になる人も多く見られます。妊娠がきっかけの糖尿病の特徴は、出産後すぐに正常に戻ることですが、出産後も継続や再発が見られるため、あなどってはいけません。 妊娠中の糖尿病は、巨大児出産や、羊水過多、胎児死亡などが発生する場合があります。しかし、血糖値や尿を定期的に検査し、インシュリン注射や食事療法を行うことなどで、妊娠、出産は十分可能できます。食欲の増す妊娠後期には、食事制限をする教育入院などの方法も取られます。

男女産み分けの成功率について、こんな情報もあります!

効果はあるの?ベイビーサポートの産み分け成功率